建設現場の仕事の内容とは?求人情報を確認する

建設現場の仕事の内容とは?求人情報を確認する

工事現場

有名な建築士

建設の仕事の中で最も有名なのが、建築士です。建築士は一級・二級・木造の三種類に分かれおり、全て国家資格が必要な仕事です。試験は学科試験と設計製図試験の二つを合格しなければ、国家資格を取得しなければなりません。資格はとても難しいのですが、人気のある職業です。

宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者は、不動産業者に必ず一人は取得保持者がいなければ行けません。学生にはマイナーな仕事ではありますが、国家取得が必要な資格で安定した仕事の為、人気があります。仕事内容は、不動産の取引をする際に契約内容などを説明する大切な仕事内容です。資格を取得し、宅地建物取引責任者になれるのは建築士並に難しいようです。しかし、興味がある方は目指して挑戦してみるとよいでしょう。

電気工事士

今では建設現場でメジャーになった電気工事士の仕事ですが、この仕事も国家資格が無いと携わることができません。建物を建てる際に必ず必要な電気設備の設計などを行います。とても危険な仕事ですが、高収入なため人気があります。また、電気はほとんどの人が必要としているため、仕事がなくなるようなことにはなりません。

資格の取得をしよう

紹介した三つの仕事以外にも、建設現場の仕事は様々あります。建設の仕事をするにはほとんど資格が必要となります。仕事を探す前に資格の取得をしておくことで採用に有利になります。資格の必要のない求人もあるので確認してみましょう。

広告募集中