求人で確認してみよう!警備員の給料を調査

仕事内容を知ろう

警備員の仕事は様々あります。設備の警備や交通警備などありますが、どのような仕事内容なのかわからない人が多いと思います。最近は警備員の求人も多くなってきたので、確認しておきましょう。

人気の警備業務ランキング

no.1

設備警備

施設内の警備を行う仕事です。施設は駐車場や空港、商業施設など様々です。業務内容は施設内に置いて、盗難や火災などが無いかの確認をするために監視や巡回を行います。仕事の需要が多く、比較的給料が高めのため人気があります。

no.2

交通警備

工事現場や駐車場で車両の誘導や整理を行う仕事です。大きなイベントなどが開催された際にも事故が起こらないように誘導することも交通警備の仕事です。交通警備の仕事は設備警備より需要はありませんが、夏などイベントが多くなる時期には短期でも募集することがあります。

no.3

運搬警備

運搬する貴重品などを警備する仕事です。現金や貴金属でけでなく、美術品や危険物などを運搬する際にも警備を行います。盗難の防止はもちろん運搬中に事故が起こらないよう警戒するのも運搬警備の仕事です。

求人で確認してみよう!警備員の給料を調査

警備員

様々な雇用形態

警備員の雇用形態は様々あります。警備会社と契約を交わしている正社員から、アルバイトまで様々です。社員の場合は月給制が適応されており、安定しています。アルバイトの場合は時給制のため、頑張り次第でいくらでも給料を上げることができます。

警備員の給料

地域によって異なっていますが、アルバイトの時給で比較すると900円~1200円ほどが相場になっています。給料は安い方だと言われていますが、相場はそこまで差はありません。警備員の仕事が豊富なため、仕事に困ることが無く、安定した仕事といえるでしょう。

資格を取る

月の給料を上げるためには、労働時間を増やすことが一番早い方法です。しかし、警備員の仕事の場合は資格を取ることによって、給料を上げることができます。資格を取ることで、責任者などになることができるので、会社から必要とされ、待遇が良くなるようです。

広告募集中